橋詰が渡辺英樹

寝る時間が短すぎると皮膚にどんなダメージを与えるかご存知ですか?その代表格ともいえるのが皮膚のターンオーバー(新陳代謝)の遅延です。皮膚の入れ替わる速度が遅れてしまいます。
美容外科(cosmetic surgery)とは、いわゆる外科学の一種で、医療としての形成外科(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは異質のものだ。また、整形外科と勘違いされることがよくあるがこれとはまったく分野の違うものである。
幅広い年代の女性に親しまれているピーリングとは、古くなってしまった角質層をピール(peel:はぐの意味)することにより、若くて潤った表皮(角質層)に入れ替え、新陳代謝を促す分かりやすい美容法です。
女性が読む雑誌でまるでリンパ液の滞留の代名詞であるかのように書かれる「浮腫」には大きく2種類に分けると、身体の内側に病気が隠れているむくみと、何も病気を持っていない健康な人でもよく起こるむくみがあると考えられている。
審美歯科(cosmetic dentistry)とは、美しさを重視したトータルな歯科医療のこと。歯が担う役目には咀嚼などの機能的な一面と、表情を明るくみせるなどの審美面があり、双方ともに健康面では欠かせない要素であることは周知の事実だ。
メイクのデメリット:ランチタイムにはメイク直ししないといけない。メイクを落として素顔に戻った時につくづく思い知らされるギャップ。費用が嵩む。ノーメイクではどこにも出かけられないある種の強迫観念にとらわれる。
老けて見える顔の弛みは不要な老廃物や余分な脂肪が集積することにより進行します。リンパの流れが遅れがちになると不要な老廃物が蓄積し、むくみが発生したり、余分な脂肪が蓄積されやすくなり、たるみへと繋がります。
サンバーンを起こしてできてしまったシミを薄くするよりも、シミができてしまわないように予め防いだり、肌の奥に隠れているシミの候補を防御することの方が大事だということを知っている人はまだ多くありません。
リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、肉体的に損傷を被ってしまった人のリハビリと同じく、外見にダメージをこうむった人がもう一度社会生活を送るために勉強する技という側面があるのです。
デトックスという言葉は目新しくはないが、結局は「代替医療」や「健康法」のひとつに過ぎず、医師による「治療行為」とは異なるということを理解している人は思いの外多くないらしい。
ドライ肌は、皮膚の角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の量が正常なレベルよりも低下することで、肌(皮ふ)にある潤いが蒸発し、お肌の表面がパリパリに乾いてしまう症状なのです。
皮膚の美白指向は、1990年頃からじわじわと女子高生などに人気を博したガングロなど、不自然なぐらい過度に日焼けするギャル文化への進言ともとれる思考が含まれている。
日本において、肌が透き通るように白く淀んだくすみや茶色いシミが出ていない状態を好ましく考える習慣が現代よりも昔から存在していて、「色の白いは七難隠す」という諺もある。
爪の生成は年輪のように刻まれるというものであるが故に、その時点の健康状態が爪に出ることが多く、髪と同じように視認できて理解しやすいことから健康のバロメーターとも呼ばれている。
夏、屋外で紫外線を浴びたときになるべくダメージを小さくする方法は3種類。1.日焼けして赤くなっているところを冷やす2.たっぷりとローションをはたいてしっかりと保湿3.シミを作らないためにも表皮を剥いてはいけない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です